ヒッチメンバー付きの中古車査定ってどうなの?

ヒッチメンバーは、車の後部に取り付けて牽引などするための接続部品です。

 

キャンピングカーやボート、ジェットスキー、バイクなどを牽引するために取り付けるユーザーが多いと思います。(ボートトレーナー、バイクトレーナーなど)

 

また、ヒッチメンバーは牽引以外にも荷台通りつけたり、キャリアを取り付けて自転車(ロードバイクやマウンテンバイク)の運搬にも役立つツールです。

 

ヒッチメンバーを取り付ける車種やタイプとしては、4WD車やオフロードカーが多く、丈夫な車体の車種、車の場合、ヒッチメンバーを取り付けることが出来るようになっている車種も多いと言えます。

 

逆に乗用車やワゴン、ミニバンなどはヒッチメンバーを取り付けるには、強度的に心配な車種や車もあります。

 

ヒッチメンバーで牽引する車重によっては、取り付けしている車の丈夫さ、耐久性が重要になることもあると言えます。

 

 

最近は、ヒッチメンバー制作会社も4WD車以外にもミニバンやSUV車、ワゴン、バン、軽自動車用も発売されています。

 

耐久性には疑問のある車種にもヒッチメンバーを取り付けていることもありますが、牽引ではなくキャリアなどの取り付けなら問題はないのかと思われます。

 

 

このようにヒッチメンバーといっても牽引する車重や牽引車のよって異なりますし、キャリアなどの使用だけのケースもあると思います。

 

日本車ではヒッチメンバーを取り付けるための設計になっていない車がほとんどですがアメ車などの場合、ヒッチメンバーの取り付け設計になっている車が多いと言えます。

 

 

では、ヒッチメンバーを取り付けた車の中古車事情はどうでしょうか?

 

まず、ヒッチメンバーを取り付ける費用を調べて見ましょう!

 

ヒッチメンバーの取り付けは市販されている車種なら50000円〜100000円前後だと言えます。ただ、市販されているヒッチメンバーに無い車種の場合、特注などを製作した場合、100000円以上になることがほとんどです。

 

ヒッチメンバーを取り付けるだけでも50000円以上するのですね!

 

なら、ヒッチメンバー装着車はプラス査定になるのでは?と思われる方も多いかもしれませんが、実は、ヒッチメンバー装着車は、牽引していることでの車体、エンジンへの負担などが考えられるので嫌われることもあります。

 

ヒッチメンバー装着車でもランクルやピックアップトラックやハイパワーのエンジンの車種ならプラスになることもありますが、普通車、ミニバンや軽自動車の場合はマイナス査定になりやすいと言えます。

 

ヒッチメンバー付に中古車は、査定に際にヒッチメンバーが付いていることでのプラス査定になることは少なく、逆にヒッチメンバーが付いていることでの車両への負担やエンジンへの負担が指摘されることが多く、マイナス査定になることが多いと言えます。

 

また、無理にヒッチメンバーを取り付けいしている車の場合、ボルトの穴の増設などがありますので、取り付け箇所の錆なども気になるところです。

 

ヒッチメンバー装着車の中古車の査定の結論を言うと、ヒッチメンバーはプラス査定になりにくい装備で、逆にマイナス査定になることも予想される装備だと言えます。

 

ヒッチメンバーを取り付けいしている車の売却には、車買取一括査定サイトなどの複数業者の査定依頼が出来る査定サービスが有利だと言えます。

 

ヒッチメンバーの評価は、業者間でまちまちだと言えるので多くの業者の査定を取ることでヒッチメンバーを高い評価で買取してくれる業者が見つかるかもしれません。

 

 

 

 

 

 


ヒッチメンバー付の中古車の売却のコツ!

ヒッチメンバーが付いていることでその車への負担も大きくなることも少なくありません。

 

牽引する重量やヒッチメンバーを取り付けた車、車種にもよりますが、最近はミニバンや乗用車にもヒッチメンバーを取り付けていることも多くなっています。

 

実際、ヒッチメンバーを製作している会社でも人気のミニバンや乗用車の専用のヒッチメンバーも発売されていますよね!

 

ヒッチメンバーは本来、4WD車などの車体の作りが丈夫な車種、車に適しています。乗用車やミニバンなどの場合、ヒッチメンバーの取り付けによる車体にゆがみなどでドアの開閉に不具合が出ることもあります。

 

このような理由からもヒッチメンバー付にミニバンや乗用車は中古車での査定がマイナスになるケースも少なくないと言えます。

 

なら、ヒッチメンバー付に中古車査定に際には、ヒッチメンバーを取り外して査定に出すというのはどうでしょう!

 

これも、ヒッチメンバーの取り付けが想定されている車種やモデル以外にヒッチメンバーを取り付けた際には、別に取り付ける為に穴あけが必要な場合や取り付ける為に加工が必要な場合などもあります。

 

加工が必要ではない場合でもヒッチメンバーを取り付けた車でヒッチメンバーを取り外したとしても査定に際にわかります。査定員はそのあたりは確実にわかると言えます。

 

ですので、ヒッチメンバーを外したとしてもヒッチメンバーを取り付けていたことはバレルので査定への影響は避けられないと言えます。

 

しかし、ヒッチメンバーが比較的簡単に外すことが出来るのであれば、外したヒッチメンバーを別で売却することが可能です。

 

ヒッチメンバーを取り付けしていることでマイナス査定や評価されることがないのならヒッチメンバーを外して別で売却するというのもありだと言えます。

 

取り付けしていた車種にもよりますが、人気車種ならヒッチメンバーだけでも3万円前後で売ることが可能な場合もあります。

 

ヒッチメンバーを外す手間や売却する手目を考えると微妙な金額かもしれませんが、みすみす、ただ同然の査定で引き取られるよりも気分的にも金銭的にも良いのではないでしょうか?

 

ですので、ヒッチメンバー付に中古車を売却する際には、ヒッチメンバーを外して別で売却するのも良いと思います。

 

ヒッチメンバーの売却方法もオークションやフリマアプリなどで簡単に売却できることもあるので、是非、お試しください。

ヒッチメンバー装着車は、車体の負担が大きい

ヒッチメンバーは、ボートやジェットスキー、キャンピングトレーラーなどの牽引には必要な装備で、牽引をして運ぶためには装着する必要があります。

 

最近は、4WD車やSUV車など以外にもヒッチメンバーを製作している会社から発売されていることが多く、1ボックスカー、ミニバン以外にも乗用車のヒッチメンバーなども発売されています。

 

しかし、ヒッチメンバーは、車体への負担が懸念されます。

 

4WD車やオフロードカーは、その使用上、シャーシなども上部に作られています、またヒッチメンバーの取り付けを前提になっている車種も多くあります。

 

しかし、乗用車やミニバンなどは、ヒッチメンバーを取り付ける限定にはなっていません。また、最近の自動車は、燃費性能をよくするために車体を軽く作られています。

 

ですので、シャーシなども軽量化され上手さよりも燃費優先になってきていると言えます。

 

そのような車のヒッチメンバーを装着して牽引すれば車の負担は相当なものになると言えます。

 

ヒッチメンバーに詳しい方に聞いたことがありますが、ヒッチメンバーで牽引している車は、ドアのしまりが悪くなったするひずみが出ることも多いと言っていました。

 

また、ヒッチメンバーを取り付けるために、ネジ穴をあける場合も少なくありません。ネジ穴自体は、大丈夫な場所にあけるのでしょうが、経年による錆なども心配ですね!

 

このような理由からもヒッチメンバー装着車は、中古車では査定が低くなると言えます。

 

ヒッチメンバーを取り付けるのに、5万から10万円程度必要なことからもそれだけ分のプラス査定も期待される方も多いと思いますが、はっきり言って、ヒッチメンバーを装着しているだけでマイナス査定に成雄いことは覚悟してください。

 

ヒッチメンバーの装着車は、中古車としては嫌がられます。上記の理由からもヒッチメンバーは、あまり良い評価で売ることが出来ないと言えます。

 

ではヒッチメンバーを外してから査定に出せばいいのでは?

 

と思われた方も多いのと思いますが、ヒッチメンバー装着車で取り外して査定に出してもヒッチメンバーの取り付け後は査定員にわかります。

 

ですので、ヒッチメンバーを取り付けした車を中古車で売却する際には、査定でマイナスになりやすいと言えます。

 

ヒッチメンバー装着車の中古車評価

ヒッチメンバーは車への負担が大きく中古車として評価が下がる
ヒッチメンバー装着車は、中古車査定がマイナスになりやすい
ヒッチメンバーは取り外しても装着の痕跡がわかる
  このエントリーをはてなブックマークに追加