中古車を購入する際の値引き交渉と諸経費

新車の購入か中古車の購入か

 

悩まれる方も多いと思います。

 

私も新車の軽自動車の購入を考えていましたが、軽自動車の価格と値引きの少なさから小型車の中古車の購入になりました。試乗車上げの中古車ということで誰かが乗っていた車ではなく、ディーラーの試乗車でした。

 

新車なら金銭的に軽自動車の選択でしたが、中古車という選択で少しグレードアップが出来ました。

 

実際、新車と中古車の購入で悩まれる方の中には、車の購入予算をあらかじめ決めていいて、その金額で購入できる車を購入する方も多いですね!

 

車購入の予算を決めている場合、新車と中古車では中古車の方が高級な車種、グレードを選べることから中古車で少しでも理想の車やグレードが高い車を選ぶ方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、中古車を購入する際の値引き交渉や諸経費に話をしたいと思います。

 

 

中古車は、新車と違い車種やグレード、年式、走行距離、程度などにより販売価格が決まります。

 

新車と違い、車、車の販売価格が決まっていないので、お買い得な中古車もあれば、それほどでもない中古車もあります。

 

中古車の販売価格は、その車の中古車としての需要で決まると言えます。

 

中古車の購入の際には、ほとんどの方が希望する車種やグレードを決めて、希望の車をカーセンサーやグーネットなどで検索するのではないでしょうか?

 

最近は、ネットで簡単に全国の中古車を見ることが出来るので、自分の欲しい車の中古車販売価格を知ることが出来ますね!

 

中古車はお買い得な車の場合、すぐに売れてしまうことも多く、お目当ての車種がある場合は、アンテナを張って探すことも必要かもしれません。

 

 

では、本題に入ります。

 

中古車を購入する際に値引き交渉や諸経費を安く売る方法を紹介したいと思います。

 

実は、最近は新車、中古車ともに値引き交渉が難しくなっています。

 

特に中古車は、値引き率は低く、人気の車種やグレードでは値引き交渉出来ないことも少なくありません。逆に人気のない車種、売れにくい車種などは値引きが出来ることもありますが、ほとんどの中古車店では値引きに対して好意的ではありません。

 

当たり前ですが、中古車店も中古車を少しでも高く売りたいことや最近は中古車の売却を売却する人も車一括査定サイトを利用して高く売ることをしている方も多いので中古車店も高値で仕入れることが多くなっていることで利益率が低い車種も多いので値引きには消極的だと言えます。

 

しかし、値引きなしでの購入は許せない方も多いのではないでしょうか?

 

私もそうですが、値引き交渉もありきの車の購入だと思っています。

 

新車でも中古車でも値引き交渉で納得できて購入したいのですよね!

 

中古車は新車以上に値引きが難しいと言えます。

 

新車の値引きは、車種やメーカー、時期にもよりますが、15万円〜25万円程度が相場だと言えます。

 

一方、中古車の場合、5万円値引きできればいいところでしょう!

 

ほとんど値引きが出来ないケースも多いのが中古車だと思います。

 

中古車というのは、車体価格の値引きは難しいというのが結論ですが、中古車を購入する際に掛かり諸費用がありますよね!

 

この諸費用を節約する方法や中古車購入の際に今までの乗ってきた車の売却方法で、高く買取してもらい、結果、中古車の購入価格を抑える方法などもあります。

 

まず、中古車購入の際に掛かる消費用の内訳として

1、自動車税
2、自動車重量税
3、自賠責保険料
4、検査登録代行費用
5、車庫証明手続代行費用
6、納車費用
7、検査登録費
8、車庫証明費
9、ETCセットアップ
10、リサイクル費用

が主にかかります。
1、2、3、7、8、9、10の項目は、必要な費用で、こちらの項目の費用を減らすことは出来ません。

 

問題は、4の検査登録代行費用と5の車庫証明代行費用です。

 

代行費用というのは、中古車店があなたが出来る手続きを代行する費用で、業者によって手数料は違ってきます。

 

検査登録代行費用は、15000円〜35000円の間の業者が多いようです。

 

車庫証明手続き代行費用は、15000円前後の業者が多いようです。

 

検査登録代行は、車検残がある中古車なら自分でもできる項目ですが、業者にとっては諸経費は利益の1つですので、こちらに任せてくれることは少ないと言えます。

 

車庫証明手続代行費用は、車庫照明の書類を所管の警察署に提出して車庫証明を取ることで、自分ですれば8の車庫証明費2700円前後しかかかりません。

 

10000円程度の節約になります、車庫証明手続代行費用は、中古車業者も任せてくれることが多く、少しでも節約したい方なら自分でするのもありだと思います。

 

中古車の購入での値引きは、数万円程度が限界ですので、手続代行費の節約はもちろん、売却する車が有るのなら、その車を少しでも高く売ることも重要です。

 

特に最近は、大手の買取チェーン店も中古車販売をしているので、売却する車がある場合、大手の車買取チェーン店(ガリバー、カーセブン、ユーポスなど)や大手中古車チェーン店(ビッグモーターなど)で売却する際には、購入する中古車もそちらの業者で探すことで、買取価格、査定価格のアップも見込めます。

 

売却する車がある場合、車買取一括査定サイトを利用すれば、近所の車買取チェーン店や中古車販売店などを簡単に探すことが出来ます。また登録すればあなたの車を高く買取してくれる業者から連絡が来るので、連絡のあった複数の業者と交渉をすれば、車種やモデルによっては、普通に自分で持ち込んで査定したい際の査定価格よりも10万円、20万円のアップなどもあり得ます。

 

中古車の値引き交渉で10万円は無理でも、売却する車の査定価格をアップすることはそれほど難しいことではないと言えます。中古車を値引きするよりは、簡単だと言えます。

 

 

中古車を購入する際に値引き交渉は、車体価格の交渉をして、購入の際の諸経費を詳しく聞いて節約できる項目は節約して、最後に売却する車があるならその車を高く売ることに注視しましょう!

 

最後の売却する車を高く売ることが一番、効率が良く簡単だと言えます。

 

 

 

 

中古車の保証 1年保証と3年保証

中古車の保証も最近は手厚くなっています。

 

ディーラー系の中古車販売なら1年保証、走行距離無制限は当たり前です。また中古車店でも大手なら3ヶ月、1年保証や追加料金で3年保証などもあります。

 

カーセンサーも3年保証など追加料金で延長できる中古車も多くなっています。

 

中古車も新車と同等の保証が受けることが出来るようになっていることから、中古車という選択は以前よりも安心できると言えます。

 

年式や走行距離もよりますが、中古車もしっかり保証を受けることが出来る時代です。

 

特にディーラー系の中古車なら程度の良い車がほとんどで、1年保証でも十分だと言えますが、少しの金額で3年保証に延長できるなら延長しておいて損はないと言えます。

 

ただし、3年保証にした場合、車検やメンテナンスなどを購入先のディーラーで受けることが条件などがありますので、そのあたりは注意が必要です。

 

中古車の補償内容はしっかり聞いておきましょう!

 

自動車の性能は、進化しています。

 

一昔前なら10年、10万キロが車の寿命だと言われていましたが、10年落ちでも程度が良ければ、中古車として十分な価値がありますし、故障のリスクも少ない車種も多いと言えます。

 

また、10万キロ以上走行した車の中古車として販売されています。10万キロ車もメンテナンスがしっかりされていれば問題はないのですが、走行距離多い中古車は年式以上に注意が必要になると言われています。

 

また、年式よりも走行距離は多い車、中古車の方が安く売られていることに気づく方も多いと思いますが、走行距離というのは、中古車としての価値に大きく影響する要素の1つだと言えます。

 

中古車の保証でも走行距離が多い中古車は、保障内容も変わることも多く、ディーラー系の中古車でも10万キロ超の中古車を扱っていることは少ないと言えます。

 

中古車の保証を考えたときに、ディーラー系の中古車は、手厚い保障とある程度の良い中古車を希望なら少し販売価格は高くなりますがありだと言えます。

 

ディーラー系の中古車=販売価格は高めですが保障や程度が良い

 

中古車販売店=販売価格も適正です、上手に探せば程度の良い中古車が探せるがあまり良くない中古車にあたることもある

 

中古車の保証は、ディーラー系でも中古車店でも手厚くなっています、中古車と言うのは故障や不具合がいつ起こるかわからない言えます。

 

保障はあるに越したことはないので、中古車価格にばかり気にせずに、長く乗ることが出来る中古車探し、自信をもって販売している程度の良い中古車探しも重要で、その1つの目安として、販売店の補償内容だと言えます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加